日本急性血液浄化学会について

特定非営利活動法人日本急性血液浄化学会 施行細則

第1章 総則
(定款との関係)
第1条本会の定款に定められたことのほかは、この細則によっておこなう。

第2章 役員の選任
(理事長の選出)
第2条理事長は理事会において理事の互選で選任する。
2.理事会における選挙は次の各号に従う。
(1)投票は1名のみ記載の無記名投票とする。
(2)不在者投票は認めない。
(3)有効投票数が最も多い者を理事長とする。
(4)有効投票数の1位の候補者が複数あるときは、それらの候補者の決選投票を行い最も多い者を理事長とする。同数のときは、抽選により順位を決定する。

(理事の選出)
第3条理事の選挙はつぎの各項によっておこなう。
2.理事にならんとする者は当該年度の通常総会2ヶ月前までに理事会に届け出る。届け出のあった理事候補者について評議員会において選挙を行う。
3.選挙にあたっては理事長が評議員の中から2名に選挙管理委員を委嘱し、選挙事務に当たらせる。
4.投票は5名連記の無記名投票とする。
5.不在者投票は認めない。
6.有効得票数の最も多いものから順次、定数までの候補者をもって当選とする。定数最下位に有効得票数の等しい候補者が複数ある時は、選挙管理委員立会いのもとに抽選によって順位を決定する。また欠員が生じた場合のために次点者も決定、公表するものとする。

(監事の選出)
第4条監事の選挙はつぎの各項によっておこなう。
2.監事候補者となるには、当該年度の通常総会2ヶ月前までに理事会に届け出る。届け出のあった監事候補者につき、評議員会において選挙を行う。
3.投票は2名連記の無記名とする。
4.不在者投票は認めない。
5.有効得票数の最も多い者から順次2名を当選とする。
定数最下位に有効得票数の等しい候補者が複数ある時は、選挙管理委員の立会いのもとに、抽選によって順位を決定する。また欠員が生じた場合のために次点者も決定、公表する。

第3章 評議員
(評議員の定員)
第5条評議員の定員は正会員数の約5%以内とする。

(評議員の選出)
第6条評議員にならんとする者は、通常総会2ヶ月前までに学会事務局へ申請書を提出する。
2.評議員にならんとする者は、次の資格条件を満たさなければならない。
(1)本会会員歴が3年以上であり、かつ会費を完納していること。
(2)申請前5年間に急性血液浄化法に関する学会発表が2回以上あり、かつ本学会での発表が1回以上あること。(筆頭演者、共同演者を問わない)
(3)本学会評議員2名の推薦があること。


(評議員選考委員会)
第7条選考委員会は、選考委員長および委員により構成し、評議員の選出に関する実務を遂行する。
2.選考委員長は理事長とし、委員は副理事長、会長、副会長、前会長とする。
3.評議員選考委員会は候補者につき選考し、その結果を理事会へ報告し承認を得る。

(評議員の資格)
第8条評議員会を正当な理由なく2回連続欠席した場合にはその資格を失う。

(評議員の更新)
第9条2年毎の任期満了時、更新意思があり次の条件を満たす者は、再任されることができる。
(1)更新前4年間のうち本学術集会への参加が1回以上あること。
(2)更新前4年間のうち本学術集会での発表(筆頭演者、共同演者を問わない)または、司会・座長が1回以上あること。

第4章 名誉会員、功労会員
(名誉会員)
第10条定年に達した評議員経験者の中から、本会理事長経験者又は本会会長経験者でかつ本会に対して特別の功労があった者で、理事会及び評議員会の議を経て、総会で承認された者。

(功労会員)
第11条定年に達した会員の中から、本会に対して功労のあった者で、理事会及び評議員会の議を経て、総会で承認された者。

(会費)
第12条名誉会員及び功労会員は会費の納入を必要としない。

第5章 委員会
(委員会)
第13条本会にはその事業の円滑な実施をはかる為に、委員会を設置することが出来る。
2.委員会の設置または解散は、理事会の議決による。
3.委員会の委員長および委員は、別に規定された場合を除き理事会の議を経て理事長が委嘱する。ただし、委員長は理事の中から選任する。
4.委員の任期は2年とする。

第6章 学術集会
(会長の選出及び任期)
第14条会長にならんとする者は、通常総会2ヶ月前までに立候補を理事長に届け出る。
2.理事長は理事会に諮り届出のあった立候補者の中から1名を選出し会長候補者として評議員会に推薦し、承認を得る。
3.会長の選出は開催する学術集会3年前に行う。
4.会長の任期は開催する学術集会1年前の学術集会終了の翌日から開催する学術集会終了日までとする。
5.副会長の任期は開催する学術集会2年前の学術集会終了の翌日から開催する学術集会1年前の学術集会終了日までとする。

第7章 会費
(年会費)
第15条 年会費は次に掲げる額とし、毎年その年度分を8月31日までに徴収する。
(1)正会員 7,000円
(2)賛助会員 1口100,000円
(3)評議員会費 3,000円
2.年度の途中入会者についても、当該年度1年分の会費を徴収する。

(入会金)
第16条 入会金は、これを徴収しない。

附則 この細則は、この法人の成立の日から施行する。

(平成18年3月29日 制定)
(平成18年10月5日 改定)
(平成19年10月5日 改定)
(平成21年10月10日 改定)

特定非営利活動法人 日本急性血液浄化学会